FC2ブログ

記事一覧

昔の遊びを科学技術を活用して取り組む最近の遊び【色鬼ごっこ】

誰もが子供の時に遊んだ鬼ごっこ!


鬼が青色と言えば、プレイヤーは逃げながらを探し走り回る懐かしい遊び


大人になった今、あの遊びをやっても体が重い


部活中も携帯ばかり触る生徒を動かすには、押しが弱い


そこで、科学技術を用いて現代風の色鬼ごっこに挑戦しました。


使うのはpower pointprojector


power pointのプレゼンテーション機能を活用して、赤色や青色などの色が目でわかる画面を自動で次々入れ替わるシーンを作ります。
無題
無

そして、画面が切り替わったことが分かるように、1つ1つのスライドに音楽を取り入れます。

別の音楽が流れたらスライドが変わってる仕組みです。

プロジェクターには、スピーカーもついているため盛り上がります!


見た方が分かりやすいので、動画をみてください。



工夫したこと

同じようなことが続いたら単調になってしまうので

黄色を画像で表現したり
aa.png

いきなり2色にしたり
aaa.png

国旗を取り入れたり
thSJOG4R0W.jpg

自分なりのイラストを入れたり
aaaaaa.png

画像が使えるので、飽きさせない工夫はたくさんできるはず!

そして作成したpower pointを最先端の科学技術プロジェクターで体育館の壁に映し出します。

はっきりスクリーンが見える暗さに調節するのは難しいので、わかりやすい色しか使えませんが、楽しくプレイしてくれたので頑張って作ってよかったです。。




How to play


power pointの作成方法について書きます!

プレゼンテーションの記録を用います。

これによって、スライドのページが切り替わるタイミングをPCが記憶して自動的にスライドが次々切り替わるプレゼンテーションが作れます。

aaaaaaa.png

音楽が鳴りやんだタイミングで次のスライドに切り替えることで自動化が行えます。


各スライドに音楽を挿入しましょう

挿入→オーディオからいけます。
aaaaaaaa.png

挿入した音楽は、power pointでトリミングすることもできますが、power pointの容量を減らすためにもあらかじめトリミングした音楽を挿入しましょう!

秒数は3秒~17秒が好ましい

体育館の大きさや、色の配置具合にもよるので、調整が必要です。


そしてスライドが表示されたときに、自動的に音楽が再生されるように設定して

aaaaaaaaa.png

プレゼンテーションの記録をするとうまくいきました^^

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント