FC2ブログ

記事一覧

ラオス旅行10日間でかかった費用(金額) 滞在6都市

1_20190527231605e36.jpg


ラオス旅行でどのぐらいの費用がかかるのか、ラオス滞在10日間でベトナム国境からタイ国境まで移動してかかった費用をまとめました!またラオスの都市の観光スポットや、最安で移動する方法についてもまとめます。



ラオス旅行で使った金額



交通費
移動手段は、最安値よりもボートでの移動にこだわりました。
ラオスでは、のんびり自然を満喫するのがお勧めです。
メコン川を、2日かけてのんびりスローボートで巡ったりもして
交通費は5794円

ラオス 費用


ラオスの宿泊費
ラオスでは、田舎の方に行くとドミトリーが無くてダブルベッドの個室しかありません。
だいたいどこの街でも、最安宿は50000キープ(630円)
交渉次第で40000キープで泊めてもらえる宿もありました。
ルアンパパーンには、booking.comで最安350円で泊まれる宿がいくつかあります。
自分がかかった宿代=630×6+504×2+350×2=5488円

ラオスの食費
ラオスは物価が高いという情報がたくさんあったのですが、探せば安いお店もありました。
本格中華鍋の火力MAXチャーハンが10000キープ(126円)で食べれて、チャーハンばっかり食べてました。
ベトナムで全然コメが食べれなかったのでラオス飯は最高です。
他にも、ラオスダックとキュウリがとても印象的でした。(くそうまい)
卵で包んだもやし飯も126円、屋台の焼き鳥は1本52円
1日の食事代が500円ほど
食費=500×10=5000円

飲み物代金
ラオスでは、豆乳が安く飲めます。500mlで63円
チョコレート味の豆乳は、抹茶味よりも美味でした"(-""-)"
毎日2本、1本25円のミネラルウォーターも2本、瓶ビールが超安くて150円
飲み物代金=176×10+300=2060円

ラオス_190527_0001


ツアー料金
クアンシーの滝往復ツアーで55000キープ(693円)

ラオス旅行でかかった金額は19035円


ラオスの観光地紹介


① ルアンパパーン
世界一地雷が埋まっている国ラオス
ルアンパパーンのナイトマーケットがすごい!どこの国も似たようなナイトマーケットばかりなのですが、ルアンパパーンのナイトマーケットは、個性的過ぎて、どの商品もナニコレ??って感じ
処理した爆弾の材料を使って、作られた指輪がよかった。世界一地雷が埋まっている国ラオスで、平和を願って爆弾リングを買いましょうw
ラオス_190527_0002

観光アクティビティは、クアンシーの滝と像使い免許が取れるプログラム。
クアンシーの滝には天然のドクターフィッシュがぐいぐいよってくるし
像使いでは、像の水浴びお掃除をしたり、乗りまわったり、最後に顔写真入りに賞状がもらえます。


② ルアンパパーン→パックバーン→フアイサーイ
街自体には、何もないのですが
メコン川を2日かけて川登りするスローボートがルアンパパーンから出ています。
のんびり時間を忘れて、風を感じたり、読書に熱中すると最高です。

ラオス_190527_0004

ラオスはお酒が安いので、昼間っから飲んでもたのしそう~^^
1日9.5h 2日で19h の船旅です。

パックバーンには、view poin といった町全体の景色がみれるところがあったのですが、ワンちゃんだらけで追いかけられてあきらめました¥w¥
フアイサーイからは、国際バスでタイのチェンマイやチェンライに行くことができます。

③ ムアンゴイ
船でしか行けない街として有名なムアンゴイ
ガイドブックやweb、地元の商売人はみんなそう言ってるんですが、実は20km歩けば歩いて行ける街
道中多くの村があっていろんな村を巡って歩いてムアンゴイに向かうとすごく楽しい!
ラオス_190527_0003

村の子供たちは、外国人が珍しくてめっちゃ寄ってきてくれます(笑)
1021_2019052721505894e.jpg

また、ムアンゴイからは、巨大な滝、洞窟、山など大自然がいっぱいあります。

④ ノンキュー
ムアンゴイから20km歩けばたどり着けるノンキュー
街を見渡せるview pointがすごい

1551.jpg

⑤ ムアンクア
ベトナム国境近くの街、ディエンビエンフーにバスで行ける街
すごくのどかで何にもないのですが、大自然を満喫している子供たち




ラオスの移動法


ベトナムからラオス入国したので、上から下です

ムアンクア→ムアンゴイ
1日1便で朝9時30分受付開始10時出発のボート
人数によって価格が変動します。街の中心から、下に下る道を見つければすぐボート乗り場にたどり着けます。

1554.jpg

1555.jpg


ムアンゴイ→ノンキュー
1日1便、朝8時半の120000キープしかないと、商売人は言い張りますが
お昼や夕方にも便があってそっちは5万キープで乗ることができます。
たぶん、外国人から多くのお金を落としてもらうためにつくられた知恵だと思うので嘘情報もでまわっています。
港にたどり着いたボートに声をかければ乗せてもらえます。

ノンキュー→ルアンパパーン
ローカルバス停まで、2kmほど
歩いて行くと2万キープ節約できます。 北と南のどちら行きでもよいのですが、北の方が安いです。
北ルアンパパーンから町中心部まで、歩いて4kmほどです。

1571.jpg

このバスは、満員になると出発してしまうので、11時バスが10時に出発しました。
自分は9時バスに乗ろうと8時45分に着いたら、目の前で出発していきました。


ルアンパパーン→パックバーン→フアイサーイ
スローボートのチケットは、街のツアー会社で買うことができます。
28万キープ~35万キープでした。(2日分のチケット)
街からスローボートターミナルまで、少し遠いので歩くのは大変かもしれませんが
歩いて行くと21万キープで行くことができます。

マップ_190523_0006

1日目の目的地パックバーンまで10万キープのチケットを購入
あさ8時半出発   
場所には余裕がありました。5月←シーズンではないらしい

17にち_190521_0030

道中放し飼いされているワンちゃんがたくさんいるので注意してください。
観光地の犬と違って、普通に近づいてきます¥w¥

2日目のパックバーンからフアイサーイ行きのボートチケットは、ボート内で買います。
ルアンパパーン行きとフアイサーイ行きの2つがあるので、目的地を聞いて乗り込みます。
前日乗っていた欧米人が乗り込んでいるので安心です。


フアイサーイ→タイ(チェンライ)
国際バスターミナルまで7km歩くと安く行けます(笑)
こちらもワンちゃんがたくさんいてきついですw

マップ_190523_0012

バスターミナルには、安い飲食店があるので安心です。
チェンライ行きのバスターミナルにつれてってやる!とすごく勧誘されます(欧米人もみんな断っていた)

111.jpg


ラオスのATM情報


ムアンゴイ以外の街にはATMが常駐していて、VIZAカードがあればお金を引き出すことができます。
ルアンパパーンには、JCB対応のATMもありました。

ムアンゴイでは、地元の商売人に案内してもらえば、ATMでお金を引き出すことができます。
お店の中ATMがあるそうです。朝と夕方でATMの場所が変わるとか、意味わからなかったので自分はムアンゴイでATMは使っていません。




スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ketchap

Author:ketchap
アメリカ自転車横断しました
海外によく行きます

日本にいる時は、いろんなバイトします

スポンサーリンク

アクセスカウンター

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村